第11回教育情報化カンファレンスinおおいた

デジタル社会を生きていく子どもたちの情報活用能力

 将来の予測が難しい中で、いま教育にどのような考え方が求められるか、教育DXとは何かを考えます。また子どもたちのゲームやネット利用の実態を知り、1人1台端末を安心・安全に利用していくのにはどうしたらよいかについて教育関係者や保護者に理解していただき、子どもたちの情報活用能力の育成に役立てる機会となることを目的に開催します。

開催日時:【Day1】2023年1月13日(金)15:00~16:40

     【Day2】2023年2月10日(金)15:00~16:30

対  象:県内外の教育関係者、小学生・中学生・高校生の保護者、企業、団体等

主  催:大分県教育委員会、公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

開催方法:オンライン開催

プログラム

【Day1】2023年1月13日(金)

15:00開会挨拶
15:05~講演1:「予測困難な未来社会における教育のあり方とは」
講 師:鈴木 寛 氏(東京大学教授、慶應義塾大学教授、社会創発塾塾長)
内 容:元文部科学副大臣として様々な教育改革の主導的役割を担い、慶應大、東大教授など
    教育現場にも関わり続け、また教育改革に携わっています。今までの経験・研究をも
    とに、不確実な時代における幸福に関してや価値観の変遷、これからの時代に必要な
    人材を育成するための教育の在り方、教育DXの重要性などについて解説します。
16:00~実践発表:「1人1台端末と授業用のクラウドを活用した授業実践」(仮)
     大分県内の先生方が発表します。
16:40閉会

【Day2】2023年2月10日(金)

15:00開会挨拶
15:05~講演1:「子どもたちはゲームやインターネットの世界で何をしているんだろう?」
講 師:関 正樹 氏(医療法人仁誠会 大湫病院 児童精神科医)
内 容:ゲームやインターネットに熱中している子どもに対して、大人はどうしても不安を感じ
    てしまいがちです。その背景には、ゲーム・ネットの世界や、また、子どもたちがその
    世界をどう楽しんでいるのかを、大人の側が知らないこともあると思います。
    ゲームやネットの世界のこと、その世界に没頭する子どもたちと出会ったときに、大人
    に何ができるかを解説します。
16:00~大分県内の子どもたちの発表
16:30閉会

プロフィール

鈴木 寛 氏(東京大学教授、慶應義塾大学教授、社会創発塾塾長)

1986年東京大学法学部卒業後、通商産業省に入省。
慶應義塾大学SFC助教授を経て2001年参議院議員初当選。
12年間の国会議員在任中、文部科学副大臣を2期務める。
2014年10月より文部科学省参与、2015年より2018年まで文部科学大臣補佐官を四期務める。日本でいち早くアクティブ・ラーニングの導入を推進。2020年度から始まった学習指導要領の改訂、40年ぶりの大学入学制度改に尽力。ウエルビーイング学会副会長、与党ウエルビーイング特命委員会アドバイザリーボード座長も務める。

関 正樹 氏(医療法人仁誠会大湫病院 児童精神科医)

児童精神科医。福井医科大学医学部卒業後、岐阜大学医学部付属病院、土岐市立総合病院精神科を経て、現在は大湫病院に勤務。岐阜県東濃地方の地域の児童精神科医として、発達障害や不登校の診療にあたるとともに、地域における発達障害の啓発活動や療育施設の座談会などに出席し、家族支援を行っている。著作に「ゲーム×病気・障がい」など。NHKウワサの保護者会「ゲームとどうつきあう?」に出演。